かぶちゃんの里山応援エネルギープロジェクト


地域資源を有効活用することで、未来に大きな夢と財産を残す市民参画型の新しい社会(モデル)を目指します!
かぶちゃん農園 代表 鏑木武弥

里山の休眠資源を活用し、原価ゼロで、経済再生、コミュニティの復活を後押しする木質バイオマス発電事業、太陽光発電事業

信州は大都市からは遠く不便さはあるものの中央アルプスと南アルプスの山々に囲まれた自然の恵みが豊かな土地であり、その山々と人々の生活が里山と密接に繋がっていました。 私たちはこの里山と呼ばれる地域資源を有効利用して、ひとつひとつ事業に紡いできたのです。

「農村から楽しさを」再生可能エネルギーで地域を元気にします

2012年私たちは大きな転期を迎えました。再生可能エネルギーで地域を元気に、という考えから太陽光発電事業をスタートさせました。 信州は年間日射量の多い地域であり、太陽の恵みで育つ柿の畑のように、太陽光パネルを木々に見たて太陽光の森を育てようという発想が生まれました。 「太陽光パネルの森」づくりは着実に信州において「太陽光パネルの森」第1期から第5期まで進行しています。 又、「太陽光発電」と「農業」の共存をめざすソーラーシェアリングとしてのモデルの取組みを「かぶちゃんのお日さま農場・下瀬」ではじめています。

「かぶちゃんの里山応援エネルギー」プロジェクトスタート宣言

「環境」への取組みCO2排出削減の寄与のため、私たちは以前より間伐材等、地元材を利用したペレットボイラーを導入しています。 そして、その取組みを一歩すすめる事業として、地元木材を有効利用した「木質バイオマス発電」に取り組みます。 未利用材という日本の山に眠り、そして、森林活性化事業の足かせになっていた木材を利用して生活に供給する日本の電気を、まさに日本の森からエネルギーを育てようと考えています。里山として山々と生活してきた信州は大森林地帯です。 里山としての知恵と技術を蓄積し現代に活かしていきたいと思います。




【「かぶちゃんの里山応援エネルギー」プロジェクトが目指す新しい社会(モデル)】~経済的価値と社会的価値の創造~

市民が参画し、地域の休眠資源を有効活用するプロジェクトを推し進めることで、経済再生とコミュニティの復活、環境保全を同時に達成できる社会(モデル)


プロジェクトモデル

かぶちゃんの里山応援エネルギープロジェクトにご興味がある方はこちら