牛乳を煮詰めて作る蘇とは?作り方やかかる時間を徹底調査!


小中学校の臨時休校に伴い、給食用の牛乳がたくさん余っているという話を聞きます。

牛乳をたくさん消費できる料理はないかな~と思って調べてたら「蘇」という牛乳を煮詰めて作るチーズのようなお菓子があることを知りました。

興味津々なので、蘇の作り方や、蘇を作るのにかかる時間、蘇のお味はどうなのか?など調べてみました。


牛乳を煮詰めて作る蘇とは?

「蘇(そ)」というのは、牛乳を煮詰めて作ったチーズのような食べ物です。

牛乳って飛鳥時代に朝鮮半島から伝わってきたそうですが、そんな大昔には今みたいな冷蔵庫なんてありません。

そこで昔の人が考え出したのが蘇なんですね。

聖徳太子は野菜や魚の他に、この蘇も好んで食べていたらしいです。

牛乳を煮詰めて作る蘇の作り方は?

蘇の作り方はいたって簡単!

家庭でできる一般的な作り方をご紹介します。

  1. 鍋に牛乳を1パックあける
  2. 弱火にかけ混ぜながらじっくり煮詰めていく
  3. 煮詰まったものをタッパーに移したり、ラップなどに包んで形を整え、冷蔵庫で一晩寝かせたら完成

以上!

動画も参考にしてくださいね。

蘇を作るとき牛乳を煮詰める時間はどれくらい?

 

蘇の作り方は簡単なんですが、非常に根気がいります!

1L入りの牛乳を煮詰めるのに、3~4時間はかかるんですね。

その間ずっと木べらなどでかき混ぜていないとすぐに焦げてしまいます。

知人は「スマホで映画を見ながらずっとかき混ぜたよ!映画2本見終わったわ」と言ってました^^;

小さい子どもさんがいる家庭では難しいかも・・・

牛乳を煮詰めて作る蘇の栄養素は?

蘇は牛乳を煮詰めて作るので、牛乳の栄養素がそのまま凝縮されています。

蘇100g当たりの栄養素は

  • エネルギー・・・410kal
  • 脂質・・・22.3%
  • 蛋白質・・・19.4%
  • カルシウム・・・700mg

だいたいこんな感じです。

日本最古の医学書「医心方」(975年) には、蘇について

五臓 (肺臓、心臓、膵臓、肝臓、腎臓)」の気を補給し、大腸をよくし、口の中の潰痬を治療する主治食で、常用すれば筋肉に力を付け、胆を強くし、肌に光沢を与える…。

という記載があるそうですよ!

牛乳を煮詰めて作る蘇は通販で買える?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古代チーズ 飛鳥の蘇 80g
価格:1134円(税込、送料別) (2020/3/4時点)

楽天で購入

 

自宅で作るのは難しいけど、ぜひ蘇を食べてみたい!という方へ朗報です。

通販でも購入できます~^^

こちらの商品「飛鳥の蘇」は添加物一切不使用なので、安心して食べられますね。

クール便で宅配してもらえるそうですよ。

牛乳を煮詰めて作る蘇の食べ方は?

蘇の食べ方は

  • 薄くスライスして食べる
  • サイコロ状に切って食べる

のが主流です。

  • 妊産婦、授乳中のママ
    牛乳嫌いの人や育ち盛りの子どもからお年寄り
    肌をもっときれいにされたい人
    骨粗鬆症を気にしている人
    胃腸の弱い人

などにおすすめだそうです!

蘇の味はズバリ?

蘇は古代のチーズとも言われていますが、味はズバリ美味しいのでしょうか?

口コミを調べてみました。

なかなか好評みたいです。

牛乳を煮詰める蘇のまとめ

牛乳を煮詰めて作る「蘇」ははるか昔から伝わった栄養価の高い古代のチーズのようなイメージ。

牛乳の栄養素はそのままだけどギュッと凝縮されて、ほんのり甘いソフトクッキーのような感じになるみたいですね。

自宅で作るのは根気がいるようですが、臨時休校で退屈している子どもに作らせてみるのもいいかもしれません!

通販でも買えるので、とにかく食べてみたい!という方は市販のものを買うのも良いでしょうね。

なかなか興味深い食べ物でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)