アルコール消毒液の使用期限は?未開封なら古くても使えるの?

アルコール消毒液の使用期限は?未開封なら古くても使えるの?


アルコール消毒液が全世界的に不足していてなかなか手に入ることが出来ない状況です。

日本でもまだまだ不足が解消されず、不安な日々を送っている人も多いですよね。

そんななか、家に以前買ってあった消毒液があって嬉しいと思ったけれど、よくみたら期限が切れていて一気に残念な気持ちになった・・・なんてこともあるでしょう。

でもなかなか手に入らないものだからこそ少しくらい期限が切れていても大丈夫なんではと思いますよね。

そこで今回はアルコール消毒液の期限や期限切れの消毒液の効果などお伝えしていきます。


アルコール消毒液の使用期限ってあるの?

アルコール消毒液の使用期限は?未開封なら古くても使えるの?

アルコール消毒液は、大容量の物から携帯用の小さいものまで、さまざまなタイプのものがありますが、一般的に使用期限があるのか気になるところですよね。

調べてみたところ、多くのアルコール消毒薬は大体3年を目安に消費期限が設定されているものが多いようです。

物によっては、期限が記載されていないものもありますが、安全性などを考慮してもおおかた目安は3年であることは変わりないようなので、是非覚えておいてくださいね。

また、最近のアルコール消毒不足によってご自身で作られるという方も居るかと思います。

自分で手作りする場合、無水エタノールと精製水を使うパターンが多いと思いますが、この手作りの消毒薬も、正しく保存することが出来れば、市販で売られているものと同程度の期限使えることもあります。

しかし、手作りのものは、工場などで作られるものと違って品質管理に限界があるのも事実です。

ですので、3年より短いスパンで使い切るのがベストです。

アルコール消毒液は未開封なら古くても効果はあるの?

アルコール消毒液の使用期限は?未開封なら古くても使えるの?

家にいる状況が増えて、部屋の掃除を徹底的にする人も増えて、部屋の中から以前買っておいたアルコール消毒液が出てきたという人もいるのではないでしょうか。

ただ、買ってから時間が経っているので、使用期限が切れてしまったものだけど、このアルコール不足化では、期限が切れてたとしても、その存在では貴重ですよね。

使えるものであれば使いたいというのが、正直なところですよね。

では、実際使っても問題はないのでしょうか?

その答えとしては、半々といったところのようです

本来、使用期限が表示されているものがほとんどなので、開封していなくてもその期間内に使い切るというのが正しい使い方です。

ただ、一方でこんな情報もあります。

開封していなければ、菌などが入らない状況にあるので、正しく保存出来ていれば品質が著しく低下することもなく通常通り使っても問題はないですし、アルコールが揮発さえしなければ、除菌効果は変わらないので期限は特にないのです。

ここで記載されている期限はあくまでも使用者に安全に使ってもらえるために設けているものでもあり、使っていても問題はないかもしれないけれど使ってるうちに劣化も考えられるので念のため新しいのを買いましょうと購入を勧めるものであったりするのです。

今は、開封していないものを前提に話していましたが、実際に開封済のものであっても、アルコール消毒液は、アルコールが揮発されにくいようにボトルが設計されていたり、ゴミなどが入りにくいような工夫もされているようなので余程、保管環境が悪くない限りは、開封しても期限までしっかりと使える物が多いのも事実なのです。

ですので、話しを戻しますが、開封していないものであれば、多少期限より時間が経過していても使える可能性は高いです。

ただし、いくら大丈夫だと言っても、期限を過ぎたものを使うことは自己責任になってしまうので、使う時にはよく考えてから使うようにしてくださいね。

アルコール消毒液の正しい保存方法は?

アルコール消毒液の使用期限は?未開封なら古くても使えるの?

アルコール消毒液の期限は大体3年を目安に作られているものが多いです。

正しく保存しておけば、開封済のものでもしっかり期限まで使うことが出来ます。

その方法はとても簡単なものなので、是非覚えて実践してみてくださいね。

<アルコール消毒液の保存方法>

①直射日光を避ける

直射日光を当ててしまうと、消毒液の温度が上がってしまうので、品質が落ちてしまいます。

次の②にも通じることなので、出来るだけ涼しい場所で保管しましょう。

②高温多湿を避ける

出来るだけ涼しい場所で保管することが商品を劣化させないためのポイントです。

温度としては、15℃~30℃以下の場所が理想です。

また湿気などもカビなどを発生させやすいので、湿度にも要注意です。

③別ボトルに移し替えたりしない

大きいボトルなどを購入して、携帯用に小さいボトルに詰め替えたりする人がいますが、あまりそれはおすすめしません。

というのも、移し替えてしまうとホコリやゴミなどが一緒に入ってしまうことも考えられるため、アルコールの効果が薄れてしまいます。

ですので、ボトルは移し替えずそのまま使いきるようにしましょう。

④火気厳禁

当然アルコールなので、火の近くにおいてしまうと引火する危険性が高くとても危険です。

ですので、保管する時には、火の近くにはおかないようにしましょう。

まとめ

アルコール消毒液の使用期限についてご紹介しました。

・アルコールの使用期限は大体3年が目安

・開封していないものであれば3年経っても使える可能性は高い

・正しい保管方法は、直射日光や高温多湿をさける、ボトルを移し替えない、火気厳禁

 

なかなか消毒液が手に入らない状況が続いていますが、今使っている消毒液があれば正しく保管して少しでも長く使えるようにしていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)