IHで消し忘れたら火事になる?自動停止機能ってどのメーカーにもついてるの?

IHで消し忘れたら火事になる?自動停止機能ってどのメーカーにもついてるの?


最近では、オール電化住宅なども増えてキッチンのコンロがガス火ではなく、IHコンロという住宅も増えてきました。

今までガス火だったけれど、引っ越しなどの機会にIHコンロに変わってしまうというケースもありますよね。

IHを使ったことがないと、ガス火との違いや安全性など心配になってきますよね。

そこで今回は、IHクッキングヒーターの安全性やメリット・デメリットなどお伝えしていきます。


IHを消し忘れて火事になった事例がある!?

IHで消し忘れたら火事になる?自動停止機能ってどのメーカーにもついてるの?

IHは、ガス火と違って火を直接使うわけではないので、一見したら火事などの危険が少ないように思えますよね。

でも、実はIHでも火事が起こる危険性はあります。

実際IHでおこった事例を元にどのように火事が起こったか説明していきますね。

<事例1>コンロが汚れていた

コンロが汚れていたまま鍋を置いたことで、電源を消し忘れても通常なら作動する安全装置が作動せず、鍋が空だき状態になってしまいの発火してしまったケースがあります。

<事例2>IHのプレートを作業台として使っていた

IHはガス火と違って、凸凹がなくフラットな面なので、何かと作業をしたり、少しの間、物をおいてしまうなんてこともよくある話しですよね。

ガス火のように火が目に見える訳ではないので、消すのを忘れてしまってそのまま物を置いたり、作業台として使ってしまった結果火災が起きてしまったというケースです。

 

上記では、消し忘れでの火事の事例を説明してきましたが、他の原因でもおこっているので合わせて読んでみてください。

<事例3>IH専用の鍋を使用しなかった

IHコンロを使う時には、IH専用のものを使用しないといけません。

IH専用の鍋は、安全装置が作動するように作られているのですが、ガス火でも使える鍋を使用したため、鍋底の反りによって、コンロと鍋の間に隙間(空気の層)が出来てしまい安全センサーが働くことなく火事がおこってしまったのです。

<事例4>揚げ物を作る時に、油量を少なめにした

専用の鍋であっても、少ない油を使用したことで、鍋の中の油の温度が急激に上がってしまい、そのまま安全センサーが働くことなく油に引火してしまい火事になってしまいました。

IHクッキングヒーターの自動停止機能はどのメーカーにもある?

IHで消し忘れたら火事になる?自動停止機能ってどのメーカーにもついてるの?

IHヒーターは様々なメーカーで商品化されていますが、自動停止機能などの安全装置はついているか気になるところですよね。

いくつか代表的なメーカーをあげてお伝えしていきますね。

PanasonicのIHクッキングヒーターの自動停止機能

電源スイッチ自動OFF

電源スイッチを入れたまま、一定時間ボタン操作をしないと自動的に切れる。

 

オールロック(チャイルドロック)

使わない時にロックをしておくと、すべてのヒーターのボタン操作ができない。ロック中は、電源を入れるとImageマークが表示される。

 

温度過昇防止機能

鍋底の温度が上がりすぎると(高温)自動的に通電を制御。(温度が下がると自動的に火力は強くなる)

空焼きすると働く場合もある。

 

空焼き自動OFF

鍋の空焼き状態が約15分続くと、自動的に通電を停止しブザーと異常表示でお知らせします。

 

切り忘れ自働OFF

切り忘れても最終ボタン操作から一定時間が過ぎると、ブザーでお知らせし、自動的に通電を停止。

※IHヒーター:約45分、グリル:約30分

 

鍋なし自働OFF

鍋を外すと約1分後に通電が切れる。(使えない鍋を置いたときもこの機能が働く。)

 

などが搭載されています。

HITACHIのIHクッキングヒーターの自動停止機能

鍋無し自動停止機能

鍋を外したり、鍋の位置を大きくずらすと、火力表示が交互に点灯し、約30秒後に自動的に通電を停止。

 

切り忘れ防止自動停止機能

最終操作から一定時間が過ぎると自動的に通電を停止。

 

過熱防止自動停止機能

鍋の空焚きで鍋底温度が異常に上昇した場合は、自動的に通電を停止。

 

チャイルドロック

お子さまなどがスイッチに触っても、すべてのヒーターやオーブンが作動しないようにロックができる。

 

などが搭載されています。

 

三菱のIHクッキングヒーターの自動停止機能

地震感知機能

およそ震度5以上の揺れを感知したときには、ただちに自動停止。

※未搭載の機種も一部あり

 

チャイルドロック

全ヒーターが使えないようにロック。

小物検知機能

スプーンやナイフなどの金属小物を置いても、自動検知して加熱されない。

 

電源スイッチ自動OFF

待機状態のまま、一定時間が経過すると自動的にオフ。

 

鍋無し自動停止機能

IHヒーターに鍋を置かなかったり、外したままにすると約1分後に自動でヒーターが切れる。

 

切り忘れ防止機能(全ヒーター)

最終操作後、一定時間が経過すると自動的にオフします。

 

空焼き自動停止機能

IHヒーターで温度が上がりすぎたときに、オフ。

 

などが搭載されています。

 

東芝のIHクッキングヒーターの自動停止機能

切り忘れ自動OFF

切り忘れ時、約1時間後(グリルは30分後)に自動で通電オフ(全ヒーター)

 

鍋なし自動停止

鍋をはずすと通電を一時停止(左右IH)

 

空焼き自動OFF

鍋の空焼き状態が約10分続くと、自動で通電オフ(左右IH)    温度過昇防止

鍋が一定温度を超えたら自動で通電を停止(左右IH)

 

グリル温度過昇防止

グリルの庫内温度が一定温度を超えたときは、自動で通電を停止(グリル)

 

主電源オートパワーOFF

調理終了後そのままの状態の場合、約5分後に主電源がオフ。

 

小物発熱防止

トッププレート上にナイフやフォークなどを置いても発熱しません(左右IH)

 

チャイルドロック

全ての電源スイッチ入力を無効にする(全ヒーター)

 

などが搭載されています。

 

クリナップのIHクッキングヒーターの自動停止機能

鍋無し自動停止

約30秒後にブザーが鳴り自動的に通電を停止。

 

金属小物検知自動停止

約30秒後にブザーが鳴り自動的に通電を停止。

 

揚げ物鍋反り検知自動停止

ブザーが鳴り自動的に通電を停止。

 

切り忘れ防止自動停止

ブザーが鳴り自動的に通電を停止。

 

グリル過熱防止自動停止

ブザーが鳴り自動的に通電を停止。

 

オートパワーオフ

電源「入」の状態で、約10分(または約5分・約30分)放置された場合自動的に電源が切れる。

 

などが搭載されています。

 

シャープのIHクッキングヒーターの自動停止機能

鍋無し自動停止機能

強い振動を感知すると、安全のためすべての動作が自動的に停止。

 

鍋無し自動停止機能

鍋を置かなかったり、外したりすると約1分度に通電を停止。

 

切り忘れ防止機能

切り忘れてもIHヒーター、ラジエントは最終操作から45分で、ロースターは30分で自動的に加熱を停止。

 

ロースター温度過昇防止

ロースター庫内の発火などで温度が異常に上がると、自動的に異常を表示し、加熱を停止。

 

全体ロック機能

使わない時にロックしておくと、全てのキー操作ができなくなる。

 

などが搭載されています。

 

 

このように、各社名前の違いはあれど、必ず安全機能はついているものがほとんどなので、安心して使用出来るでしょう。

 

 

IHクッキングヒーターのメリット・デメリット

IHで消し忘れたら火事になる?自動停止機能ってどのメーカーにもついてるの?

続いて、IHのメリット・デメリットを少しお話していきます。

IHクッキングヒーターのメリット

基本的に安全

ガス火のように火が出る訳でもなく、火傷などの危険も少ないので安心です。

また安全装置がついているので、何かあれば自動的に電源が消えるような仕組みになっているので、誰でも簡単に使うことができるでしょう。

手入れがしやすい

IHはコンロ部分がフラットになっているので、汚れてもさっと拭くだけですぐにキレイになりますし、日頃のお手入れもとても簡単です。

周りの空気が暑くならない

ガス火は、どうしても料理をしていると気温が上昇しますが、IHは部屋が暑くなることもなく夏の暑い日でも楽しく料理が出来ます。

加熱が早く、火力も強い

IHは、ガス火より早く鍋が温まりそして火力が強いのも魅力的です。

 

IHクッキングヒーターのデメリット

鍋などは専用のものしか使えない

IHの特性上、専用の鍋でないと安全に使えないようになっています。

ガス火専用の物よりやや値段が高いので出費が少し痛いのが難点です。

停電の時は使えない

災害などで停電が起きるとIHは使用不可になります。

ライフラインの中で最も電気の復旧が早いと言われていますが、それでも数日から数週間は使えないことがあるので不便になるでしょう。

ヒーターの上に触れると火傷する可能性がある

火がでないのですが、うっかり熱くなっているパネルを触ってしまい火傷してしまう危険性があります。

IHクッキングヒーター自動停止機能のまとめ

IHクッキングヒーターについていかがでしたか。

・IHでも火事になる危険性はある

・ほとんどのメーカーのIHで自動停止機能がついている

・メリットは、安全性が高い・手入れが簡単・空気が暑くならない・加熱が早く火力も強い

・デメリットは、専用の鍋の使用・停電の時に使えない・うっかり触って火傷の危険がある

ガス火に比べて一見安全に見えますが、正しく使用しないと危険はつきものなのできちんと取扱説明書などで確認するようにしてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)