TELYUKA(テルユカ)のプロフィールや経歴は?子どもはいるの?

TELYUKA(テルユカ)のプロフィールや経歴は?子どもはいるの?


情熱大陸に出ていたTELYUKA(テルユカ)さんご夫婦がとても気になりました。

ミスiD2018でファイナリストに残り「ぼっちが、世界を変える。」賞を受賞したキャラクター「saya」の生みの親がTELYUKA(テルユカ)という3DCGアーティストユニットです。

TELYUKA(テルユカ)は石川晃之さんと友香というご夫婦。

この記事では

  • TELYUKA(テルユカ)さんのプロフィールは?
  • TELYUKA(テルユカ)さんの経歴は?
  • TELYUKA(テルユカ)のなれそめは?
  • TELYUKA(テルユカ)さんに子どもさんはいるの?
  • TELYUKA(テルユカ)さんのSNSアカウントは?

などについて徹底調査したことをまとめています。

TELYUKAのことを調べれば調べるほど気になること、もっと知りたいことが出てきました。

ぜひ最後まで読んでくださいね。


TELYUKA(テルユカ)さんのプロフィールは?

石川晃之(いしかわてるゆき)さん

担当:技術・システム

石川友香(いしかわゆか)さん

担当:ディレクション・アート

生年月日、出身校、血液型などの情報はわかりませんでした。

お写真を拝見した感じでは40代半ば~後半ぐらいかな~といった感じです。

違ってたらごめんなさい(>_<)

お二人でGarateaCircus株式会社の代表を務め、CGゼネラルアーティストとして、動画制作やキャラクターアセット制作を手掛けてこられました。

現在はVirtual Human Projectsを中心に、オリジナルのバーチャルヒューマンを作ったり、コンピュータグラフィックスの研究開発などを行っています。

TELYUKA(テルユカ)さんの経歴は?

石川宏之さんの経歴

小さいころからイラストを描くのが好きで、ドラゴンボールやキン肉マンなどのキャラクターをよく描いていました。

高校時代は漫画家になりたいと思ったこともありますが、当時は専門的な勉強をするための道に進んだわけではなかったとのこと。

20年くらい前に友達から「3DCGを一緒にやってみないか?」と誘われて始めたのがきっかけでこの道に進みました。

石川友香さんの経歴

小さいころから自分の世界観を表現したいという思いがありました。

学生時代は友達と一緒に舞台製作に取り組んだこともありましたが、人集めや資金繰り、練習の大変さから断念。

自分一人でアウトプットできるもの・・・でCGを始めたんです。

建物パースのアルバイトから始め、CAD図面から完成予想図を作るCGのノウハウを学び、ゲームやエンタメ系CG制作会社へ入社されました。

建物パースとは?
パースというのは遠近法のことで、建物パースはわかりやすく言うと、建築物の外観を立体的に描く技法のことです。

TELYUKA(テルユカ)のなれそめは?

TELYUKAさんご夫婦が初めて出会ったのはゲーム・エンタメ系CG制作の会社です。

最初に宏之さんが入社されていて、後で友香さんが入社。

どうやら、友香さんが宏之さんに一目惚れしたようです(*^^*)

それからどうやって交際~ご結婚へと発展されたのか・・・詳しいことはわかりませんが、お二人は仕事も一緒、オフも一緒、飲み物も1個を2人でシェアするほどのおしどり夫婦として有名なんですって。

友香:夫婦同士だと信頼関係を崩すことなく、率直な意見を言い合えます。だから遠慮してグレーにしたまま政策が進行してクオリティが中途半端になってしまうことがありません。

日本だと特にそうかもしれませんが、会社内での関係性の中で、上司が同僚に遠慮してしまう瞬間があります。それが夫婦だとパワーバランスを気にする必要がない。

コミュニケーションの機会も24時間、365日常にある。やりたいところまでとことん突き詰めて、気になるところは徹底的に直す。

自分が思い描くクオリティに達しやすいので、夫婦政策の強みだと感じます。

 

宏之:二人で利害を共有しているので、可能な限り手を付け続けることができる、というメリットもあるのではないかと思います。

引用:AXIS

夫婦で仕事をすることに関してTELYUKAさんはこのような考えを持ってるんですね。

夫婦だからこそ、妥協せずにいいものが生み出される、と。

TELYUKA(テルユカ)さんに子どもさんはいるの?


TELYUKAさんに本当の子どもがいるかどうかは、わかりませんでした。

しかし、お二人の仕事ぶりやインタビュー内容から想像する限り、子どもはおらず、夫婦二人の生活ではないかな~と思いました。

私は子どもを育てながら仕事をしていますが、仕事と家庭の両立はとても難しいです。

TELYUKAのようにここまで仕事に没頭はできないと実感しています。

それにTwitterでTELYUKAが生み出した3DCGキャラクターSayaのことを「うちの娘が」と言ってるので、きっとsayaを本当の娘のように愛しているのだと思います。

Sayaの動画

ある情報サイトで、TELYUKAの講演会の様子についての記事を目にしました。

TELYUKAの2人にとって大切な3つの愛について。1つめはCGへの愛。2つ目は制作物への愛。3つ目は人々への愛。

「この3つの愛でSayaを支えています。そしてほかにも体力、精神的な強さ、健康が大切。Sayaのようにインディーズ的な活動をしていても手を差し伸べてくれる人はたくさんいるので、それを勇気に変えていってほしいです。同士が増えることを願っています。」と締めくくられ、講演は終了した。

引用:CGWORLD.JP

ものすごい愛とエネルギーでSayaを支え、これからも成長させていくんだろうなって感じました。

ちなみに、こちらはsayaに似てると話題になった高山沙織さん。

一瞬では見分けがつかないくらい!

TELYUKA(テルユカ)さんのSNSアカウントは?

>>TELYUKAのwebサイト

>>TELYUKAのTwitter

>>TELYUKAのインスタグラム

>>TELYUKAの過去の作品

インスタはまだ投稿がなく、フォロワーもほとんどいません。

Twitterはフォロワーが3.9万人で、投稿はボチボチといったところでしょうか。

TELYUKAへのお問い合わせはwebサイトからできます。

TELYUKA(テルユカ)のプロフィールや経歴は?子どもはいるの?のまとめ

TELYUKAさんのプロフィールや経歴、子どもがいるのかなどについてご紹介しました。

二人のことを調べれば調べるほど、Sayaへの強い思いが伝わってきて、すごいエネルギーというかパワーを感じました。

一方でまだ謎に包まれている部分も多く、気になるな・・・知りたいな・・・と思う気持ちがふつふつと。

いつの間にかTELYUKAとSayaのファンになってしまったようです。

これからもTELYUKAさんはSayaの成長のために、「声」の実装に取り組んでいらっしゃいます。

その様子が2020年5月24日放送の情熱大陸で明らかに!

情熱大陸の見逃し配信はこちらから

>>MBS情熱大陸


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)