井口智裕wiki風プロフィール!出身地や出身校も徹底調査してみた!

井口智裕wiki風プロフィール!出身地や出身校も徹底調査してみた!


株式会社いせんの社長である井口智裕さんが注目されています。

井口智裕さんは経営が厳しくなった旅館を立ち直らせるために、いろんな工夫や努力をしている方です。

そんな井口智裕さんのプロフィールや出身地、出身大学などが気になったので調べてみました。

ぜひ最後まで読んでくださいね。


井口智裕さんの経歴やプロフィールは?

井口智裕さんのプロフィールや経歴を調べてみました。

名前:井口智裕(いぐちともひろ)

生年:1973年

出身地:新潟県南魚沼郡湯沢町

経歴:

Eastern Washington University経営学部マーケティング科を卒業し、旅館の4代目として家業を継ぎました。

1998年に同級会をターゲットとした新たな宿泊プランを企画して、当時スキー客とビジネス客が中心だった宿を8年間で大幅に経営改善しました。

その後2005年に社長に就任し、「湯沢ビューホテルいせん」を「越後湯澤HATAGO井仙」として大幅リニューアル。

開業1年で各種メディアに取り上げられるほどの繁盛旅館へと立ち直らせたのです。

2008年には周辺7市町村で構成する「雪国観光圏」をプランナーとして立ち上げ、事業推進に尽力しました。

2011年には旅館仲間3人で合同会社雪国食文化研究所を設立。

地元産の農産物を活用したメニュー開発を進め、道の駅で2店鋪の飲食店と食品加工場を運営しています。

2013年には観光地域づくりプラットフォームである一般社団法人雪国観光圏を設立し、代表理事に就任しました。

観光品質基準、人材教育、旅行商品開発、CSR事業など地域づくりの中核として重要な役割を果たしているんですね。

企業経営者としても第二創業や人材育成、事業者として携わる観光地域づくりなど幅広いジャンルで講演なども行っています。

井口智裕さんの著書です👇

【中古】 ユキマロゲ経営理論 地域を活性化させた「雪国観光圏」の発想法と組織づくり /井口智裕【著】 【中古】afb

井口智裕さんの出身大学での成績は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

かぐらみつまたで今シーズン初滑り。 今年は降雪も早く、すでにこんなコンディションです。 一足先にスキーやボードを楽しんでくださいね! 初めてスキーを体験される方から本格的にレッスンを受けてトレーニングをされたい方までお気軽にご連絡ください^_^ 因みに12月はオフ期間の料金帯で、さらにお部屋も余裕がございます。このFBやインスタをご覧頂き、またご予約の際に私のFBやインスタをご覧になられた旨をメッセージ頂けたら、お飲み物をサービスさせていただきます。 越後湯澤 HATAGO 井仙 http://hatago-isen.jp #snowcountry #hatago井仙 #雪国観光圏 #かぐらみつまた #12月がお得です

Tomohiro Iguchi(@tomohiro_iguchi)がシェアした投稿 –

井口智裕さんの出身中学や高校まではわかりませんでしたが、大学はEastern Washington University(イースタンワシントン大学)経営学部マーケティング科を卒業されています。

イースタンワシントン大学は、アメリカワシントン州にある州立総合大学の一つです。

環境学、建築学、教育学など幅広い知識を学ぶことができます。

井口智裕さんはこの大学で経営学を学び、ホテルの経営者として成功されています。

大学時代の成績はかなり優秀だったことが伺えますよね。

井口智裕さんの父親母親や家族は?

井口智裕さんの家族構成について、詳しい情報はわかりませんでした。

しかし、Facebook投稿で、このような写真を見つけたんです!

おそらく、旅館の経営に携わっているスタッフのイラストと名前だと思います。

中央に会長、おかみさん、社長ともう一人女性の絵が描かれてあります。

既婚という情報はあるので、井口智裕さんは奥さんがいらっしゃるのは確かです。

子どもさんがいてもおかしくはない年齢ですよね。

井口智裕さんのSNSは?

井口智裕さんのSNSアカウントを見つけました。

インスタグラム:https://www.instagram.com/tomohiro_iguchi/?hl=ja

Facebook:https://www.facebook.com/hatacollabo

井口智裕さんが経営するホテルや旅館

越後湯沢 HATAGO井仙

住所:〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455

電話番号:025-784-3361

webサイト:http://hatago-isen.jp/

インスタグラム:https://www.instagram.com/hatagoisen/?hl=ja

古民家の良さを全身で感じられる旅館です。

玄関をくぐると囲炉裏の空間が出迎えてくれます。

客室は和洋室と和室で、全室に畳の部屋があるのでゆったりと過ごせます。

大浴場は24時間かけ流し、他にも貸切風呂があるので家族で気兼ねなくゆっくりするのもいいですね。

料理は地元魚沼の食材をふんだんに使い、魚沼の地酒とワインにもピッタリで、至福の時を感じられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

旬の越後姫を使った「雪国マカロン」 越後姫とは、 豊潤な香りと高い糖度、柔らかくジューシーな果肉が特徴の新潟を代表するブランド苺の名称で その果肉の柔らかさから圏外に出回らないとっても希少な苺なんです! そんな越後姫のピューレを使い、丁寧に煮詰めて作ったジャムを米粉入りのほのかにおかきの香りのするマカロンでサンドしたものが “雪国マカロン 越後姫” 越後姫の香りと甘い果汁を味わえる一品になっております。 他にも枝豆、紫芋、雪下人参など計8種類入った雪国の四季を味わえる”雪国マカロン” こちらを皆さまお届けできるよう、んまやネットショップに追加いたしました。 下記のURL、お電話からご注文承っております。 http://nmaya.net/netshop/ フリーダイヤル 0120-770-440 私たちの作ったお菓子で雪国を感じてもらい、自宅にいながらも旅をする。 そのお手伝いができれば幸いです。 #雪国マカロン #うちで過ごそう #おうち時間 #おうちカフェ #hatago井仙 #越後湯澤んまや

HATAGO ISEN(@hatagoisen)がシェアした投稿 –

ここ数カ月の騒動で、旅館の経営は厳しくなっています。

しかし、井口さんはなんとかお客さん、地元、従業員のためにできることはないかと日々奮闘しています。

地元の野菜や果物を使った「雪国マカロン」を打ち出したのもその対策の一つ。

「お家にいても雪国を感じて旅をしてもらいたい」そんな思いが詰まった商品なんですね。

>>雪国マカロンをオンラインショップでチェックする 

ryugon

住所:〒949-6611 新潟県南魚沼市坂戸1−6

電話番号:025-772-3470

webサイト:https://www.ryugon.co.jp/jp/

雪国を感じられる古民家ホテルです。

日本家屋の特徴を生かした客室は、日常を忘れゆっくりとくつろげる空間となっています。

アクティビティや地域文化体験などのプランも充実しています。

食事は「雪国ガストロノミー」といって、雪国で昔から食べつがれてきた食材、民族文化を伝える伝統的な料理などが味わえます。

ホテルライフを通して雪国の生活、人、文化、食が体験できるステキな空間なんですね。

井口智裕さんのwiki風プロフィール!出身地や出身校も徹底調査してみた!まとめ

井口智裕さんのプロフィールや出身地、出身校などについてお伝えしました。

井口智裕さんのおもてなしの心には、地元や地元の人を愛する気持ち、受け継いだ旅館や従業員を守る気持ちなど、たくさんの愛が詰まっているんだなということを感じました。

強さ、優しさにあふれる井口智裕さん。

一主婦として、この方から学ぶことが多いなと思いました。

今はホテル経営が非常に厳しい時期です。

どうか、いろんなアイデアや工夫、そして愛でこの苦境を乗り越えてほしいと心から思いました。

また自由に楽しく旅行ができる日を楽しみに、私も頑張りたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)