バーベキューでコンロにアルミホイルを敷くと後片付けが楽!?

バーベキューでコンロにアルミホイルを敷くと後片付けが楽!?


暖かい時期がやってくると、庭や河原などでバーベキューを家族で楽しむという人も多いですよね。

しかし、バーベキュー最中は楽しいけれど、終わった後の片付けは何とも面倒くさいし、脂汚れなどが落ちなくて嫌だなと思うこともありますよね。

実は、大変だと思われている片付けですが、アルミホイル1本で簡単に片付けることが出来るんです。

そこで、今回はアルミホイルを使って炭と網を片付ける簡単な方法をご紹介していきます。


アルミホイルでバーベキューの炭を簡単に片付ける方法

暖かい時期がやってくると、庭や河原などでバーベキューを家族で楽しむという人も多いですよね。 しかし、バーベキュー最中は楽しいけれど、終わった後の片付けは何とも面倒くさいし、脂汚れなどが落ちなくて嫌だなと思うこともありますよね。 実は、大変だと思われている片付けですが、アルミホイル1本で簡単に片付けることが出来るんです。 そこで、今回はアルミホイルを使って炭と網を片付ける簡単な方法をご紹介していきます。 アルミホイルでバーベキューの炭を簡単に片付ける方法 バーベキューをしたあとに炭の処理って意外と大変ですよね。 コンロの炭をおく場所は、炭の汚れだけでなく、食材を焼いたあとの食材カスや肉などの脂などで、非常に汚れがつきやすく掃除も一番大変なエリアです。 どうにか簡単に掃除する方法があればと思う人も多いと思います。 その炭を簡単に片付ける方法でオススメなのが、アルミホイルを使う方法なのです。 このアルミホイルを使った方法は、バーベキューをする前から事前に準備しておく必要があります。 方法はとても簡単です!! アルミホイルをコンロの内側に敷き詰めるだけです。 ただ、敷き詰めるときに注意することがあるので、下記でお伝えしていきますね。 <アルミホイルを敷き詰めるときに注意すること> ①アルミホイルは厚手のものを使う 出来れば、アルミホイルは厚手のバーベキュー用のものを使ってください。 熱で穴が空いてしまったりすると、せっかくのアルミホイルが意味をなくしてしまいます。 厚手のものなら熱でダメになることが少ないのですが、より強度を上げるのに2重にして使うようにしてください。 ちなみに、どうしても厚手の物が用意出来ないという場合には、普通のキッチン用のアルミホイルでもOKです。 ただし、キッチン用のアルミホイルは薄いので、3~4重にして使うようにしてください。 ②空気穴のところは必ず穴を空ける アルミホイルでコンロを覆ってしまうと、空気穴がふさがれてしまいます。 この空気穴がふさがれていると、炭に火がつかずバーベキューを開始することが出来ません。 ですので、アルミホイルで覆ったあとに、空気穴のところは穴を空けるようにしてください。 注意点を守りつつアルミホイルを敷き詰めたら、そのまま炭をおいて、バーベキューを開始してください。 バーベキューが終わった後の炭の片付けについてです。 炭は、中まで火が入るので、なかなか火を消しづらいですが、空気を遮断してあげると簡単に消すことができます。 この空気を遮断するのにも、事前に敷いておいたアルミホイルが役に立ちます。 炭が落ち着いてきたら、敷いてあったアルミホイルで包んでしばらく待ちます。 時間が経過したら一旦アルミホイルをあけてみて、火が消えているか確認します。 消火が完了であれば、アルミホイルに包んだまま捨てれば、OKです。 コンロ内もアルミホイルのおかげでほとんど汚れていないと思うので、その後のお手入れも簡単なはずです。 アルミホイルでバーベキューの網を簡単に片付ける方法 バーベキューの終わった後の網も汚れがたくさんつくので、なかなか落としづらく、手こずってしまうなんてことよくあると思います。 そんな時、先ほど炭の片付けにも大活躍だったアルミホイルが、バーベキューの網を片付けるのにも使えます。 ちなみに、炭の火力の力をつかうので、炭を片付ける前に網を片付けるようにしてくださいね。 では、早速片付け方法をご説明していきます。 <網を片付ける方法> ①バーベキューが終わった網にアルミホイルを被せる 網よりも少し大きめにアルミホイルを切り離して、アルミホイルのツルツル光っている方を炭のある方に向くように包みます。 ②そのまま30分~1時間放置 アルミホイルで包むとすぐに、コンロ内の温度が上がり、網に残っていた脂などが溶けだして白煙が上がります。 ③煙が落ち着いてきたらOK 汚れの面積にもよりますが、大体30分くらいで脂が溶けきって煙が落ち着いてきます。 そうしたら、網を外します。熱いかもしれないので火傷には注意してくださいね。 ④アルミホイルを外して網を洗う アルミホイルを外すと、網についていた脂などの汚れは、カス上になっているので、ぽろぽろしていて手で触ってみると簡単に取れます。 サッと汚れをとったら、網全体に水をつけて、ステンレスタワシと中性洗剤を用いて網を擦 り洗いをします。 最後に、水で洗剤を落とし、風通しの良いところで乾かせば片付けは完了です。 バーベキューの網にこびりついた脂や食材などは、完全に焼き切れば簡単に落ちるので、アルミホイルを使って、網を覆い網の表面についたものを焼くのはとても簡単でオススメな方法なのです。 まとめ バーベキューの後の炭と網の片付けの方法はいかがだったでしょうか? 炭を簡単に片付けるには・・・ ・バーベキュー専用のアルミホイルを使うことが良い ・事前にコンロの内側にアルミホイルを敷き詰める ・アルミホイルを敷いたあとは必ず空気穴を確保するために穴を空ける 網を片付ける方法 ・炭が燃えている間に網の片付けに入る ・網をアルミホイルで包んだ後は煙が落ち着くまで30分程度放置する アルミホイルは、バーベキューの時の必需品とも言えるでしょう。 専用のものを1本用意しておけば、簡単に片付けが出来て、面倒なこともなく、最後まで楽しめると思うので、是非今回の記事を参考にしてみてくださいね。

バーベキューをしたあとに炭の処理って意外と大変ですよね。

コンロの炭をおく場所は、炭の汚れだけでなく、食材を焼いたあとの食材カスや肉などの脂などで、非常に汚れがつきやすく掃除も一番大変なエリアです。

どうにか簡単に掃除する方法があればと思う人も多いと思います。

その炭を簡単に片付ける方法でオススメなのが、アルミホイルを使う方法なのです。

このアルミホイルを使った方法は、バーベキューをする前から事前に準備しておく必要があります。

方法はとても簡単です!!

アルミホイルをコンロの内側に敷き詰めるだけです。

ただ、敷き詰めるときに注意することがあるので、下記でお伝えしていきますね。

①アルミホイルは厚手のものを使う

 

出来れば、アルミホイルは厚手のバーベキュー用のものを使ってください。

熱で穴が空いてしまったりすると、せっかくのアルミホイルが意味をなくしてしまいます。

厚手のものなら熱でダメになることが少ないのですが、より強度を上げるのに2重にして使うようにしてください。

ちなみに、どうしても厚手の物が用意出来ないという場合には、普通のキッチン用のアルミホイルでもOKです。

ただし、キッチン用のアルミホイルは薄いので、3~4重にして使うようにしてください。

 

②空気穴のところは必ず穴を空ける

アルミホイルでコンロを覆ってしまうと、空気穴がふさがれてしまいます。

この空気穴がふさがれていると、炭に火がつかずバーベキューを開始することが出来ません。

ですので、アルミホイルで覆ったあとに、空気穴のところは穴を空けるようにしてください。

バーベキューでコンロにアルミホイルを敷くと後片付けが楽!?

注意点を守りつつアルミホイルを敷き詰めたら、そのまま炭をおいて、バーベキューを開始してください。

バーベキューが終わった後の炭の片付けについてです。

炭は、中まで火が入るので、なかなか火を消しづらいですが、空気を遮断してあげると簡単に消すことができます。

この空気を遮断するのにも、事前に敷いておいたアルミホイルが役に立ちます。

炭が落ち着いてきたら、敷いてあったアルミホイルで包んでしばらく待ちます。

時間が経過したら一旦アルミホイルをあけてみて、火が消えているか確認します。

消火が完了であれば、アルミホイルに包んだまま捨てれば、OKです。

コンロ内もアルミホイルのおかげでほとんど汚れていないと思うので、その後のお手入れも簡単なはずです。

アルミホイルでバーベキューの網を簡単に片付ける方法

暖かい時期がやってくると、庭や河原などでバーベキューを家族で楽しむという人も多いですよね。 しかし、バーベキュー最中は楽しいけれど、終わった後の片付けは何とも面倒くさいし、脂汚れなどが落ちなくて嫌だなと思うこともありますよね。 実は、大変だと思われている片付けですが、アルミホイル1本で簡単に片付けることが出来るんです。 そこで、今回はアルミホイルを使って炭と網を片付ける簡単な方法をご紹介していきます。 アルミホイルでバーベキューの炭を簡単に片付ける方法 バーベキューをしたあとに炭の処理って意外と大変ですよね。 コンロの炭をおく場所は、炭の汚れだけでなく、食材を焼いたあとの食材カスや肉などの脂などで、非常に汚れがつきやすく掃除も一番大変なエリアです。 どうにか簡単に掃除する方法があればと思う人も多いと思います。 その炭を簡単に片付ける方法でオススメなのが、アルミホイルを使う方法なのです。 このアルミホイルを使った方法は、バーベキューをする前から事前に準備しておく必要があります。 方法はとても簡単です!! アルミホイルをコンロの内側に敷き詰めるだけです。 ただ、敷き詰めるときに注意することがあるので、下記でお伝えしていきますね。 <アルミホイルを敷き詰めるときに注意すること> ①アルミホイルは厚手のものを使う 出来れば、アルミホイルは厚手のバーベキュー用のものを使ってください。 熱で穴が空いてしまったりすると、せっかくのアルミホイルが意味をなくしてしまいます。 厚手のものなら熱でダメになることが少ないのですが、より強度を上げるのに2重にして使うようにしてください。 ちなみに、どうしても厚手の物が用意出来ないという場合には、普通のキッチン用のアルミホイルでもOKです。 ただし、キッチン用のアルミホイルは薄いので、3~4重にして使うようにしてください。 ②空気穴のところは必ず穴を空ける アルミホイルでコンロを覆ってしまうと、空気穴がふさがれてしまいます。 この空気穴がふさがれていると、炭に火がつかずバーベキューを開始することが出来ません。 ですので、アルミホイルで覆ったあとに、空気穴のところは穴を空けるようにしてください。 注意点を守りつつアルミホイルを敷き詰めたら、そのまま炭をおいて、バーベキューを開始してください。 バーベキューが終わった後の炭の片付けについてです。 炭は、中まで火が入るので、なかなか火を消しづらいですが、空気を遮断してあげると簡単に消すことができます。 この空気を遮断するのにも、事前に敷いておいたアルミホイルが役に立ちます。 炭が落ち着いてきたら、敷いてあったアルミホイルで包んでしばらく待ちます。 時間が経過したら一旦アルミホイルをあけてみて、火が消えているか確認します。 消火が完了であれば、アルミホイルに包んだまま捨てれば、OKです。 コンロ内もアルミホイルのおかげでほとんど汚れていないと思うので、その後のお手入れも簡単なはずです。 アルミホイルでバーベキューの網を簡単に片付ける方法 バーベキューの終わった後の網も汚れがたくさんつくので、なかなか落としづらく、手こずってしまうなんてことよくあると思います。 そんな時、先ほど炭の片付けにも大活躍だったアルミホイルが、バーベキューの網を片付けるのにも使えます。 ちなみに、炭の火力の力をつかうので、炭を片付ける前に網を片付けるようにしてくださいね。 では、早速片付け方法をご説明していきます。 <網を片付ける方法> ①バーベキューが終わった網にアルミホイルを被せる 網よりも少し大きめにアルミホイルを切り離して、アルミホイルのツルツル光っている方を炭のある方に向くように包みます。 ②そのまま30分~1時間放置 アルミホイルで包むとすぐに、コンロ内の温度が上がり、網に残っていた脂などが溶けだして白煙が上がります。 ③煙が落ち着いてきたらOK 汚れの面積にもよりますが、大体30分くらいで脂が溶けきって煙が落ち着いてきます。 そうしたら、網を外します。熱いかもしれないので火傷には注意してくださいね。 ④アルミホイルを外して網を洗う アルミホイルを外すと、網についていた脂などの汚れは、カス上になっているので、ぽろぽろしていて手で触ってみると簡単に取れます。 サッと汚れをとったら、網全体に水をつけて、ステンレスタワシと中性洗剤を用いて網を擦 り洗いをします。 最後に、水で洗剤を落とし、風通しの良いところで乾かせば片付けは完了です。 バーベキューの網にこびりついた脂や食材などは、完全に焼き切れば簡単に落ちるので、アルミホイルを使って、網を覆い網の表面についたものを焼くのはとても簡単でオススメな方法なのです。 まとめ バーベキューの後の炭と網の片付けの方法はいかがだったでしょうか? 炭を簡単に片付けるには・・・ ・バーベキュー専用のアルミホイルを使うことが良い ・事前にコンロの内側にアルミホイルを敷き詰める ・アルミホイルを敷いたあとは必ず空気穴を確保するために穴を空ける 網を片付ける方法 ・炭が燃えている間に網の片付けに入る ・網をアルミホイルで包んだ後は煙が落ち着くまで30分程度放置する アルミホイルは、バーベキューの時の必需品とも言えるでしょう。 専用のものを1本用意しておけば、簡単に片付けが出来て、面倒なこともなく、最後まで楽しめると思うので、是非今回の記事を参考にしてみてくださいね。

バーベキューの終わった後の網も汚れがたくさんつくので、なかなか落としづらく、手こずってしまうなんてことよくあると思います。

そんな時、先ほど炭の片付けにも大活躍だったアルミホイルが、バーベキューの網を片付けるのにも使えます。

ちなみに、炭の火力の力をつかうので、炭を片付ける前に網を片付けるようにしてくださいね。

では、早速片付け方法をご説明していきます。

①バーベキューが終わった網にアルミホイルを被せる

網よりも少し大きめにアルミホイルを切り離して、アルミホイルのツルツル光っている方を炭のある方に向くように包みます。

②そのまま30分~1時間放置

アルミホイルで包むとすぐに、コンロ内の温度が上がり、網に残っていた脂などが溶けだして白煙が上がります。

③煙が落ち着いてきたらOK

汚れの面積にもよりますが、大体30分くらいで脂が溶けきって煙が落ち着いてきます。

そうしたら、網を外します。熱いかもしれないので火傷には注意してくださいね。

④アルミホイルを外して網を洗う

アルミホイルを外すと、網についていた脂などの汚れは、カス上になっているので、ぽろぽろしていて手で触ってみると簡単に取れます。

サッと汚れをとったら、網全体に水をつけて、ステンレスタワシと中性洗剤を用いて網を擦り洗いをします。

最後に、水で洗剤を落とし、風通しの良いところで乾かせば片付けは完了です。

 

バーベキューの網にこびりついた脂や食材などは、完全に焼き切れば簡単に落ちるので、アルミホイルを使って、網を覆い網の表面についたものを焼くのはとても簡単でオススメな方法なのです。

まとめ

バーベキューの後の炭と網の片付けの方法をご紹介しました。

炭を簡単に片付けるには・・・

・バーベキュー専用のアルミホイルを使うことが良い

・事前にコンロの内側にアルミホイルを敷き詰める

・アルミホイルを敷いたあとは必ず空気穴を確保するために穴を空ける

 

網を簡単に片付けるには・・・

・炭が燃えている間に網の片付けに入る

・網をアルミホイルで包んだ後は煙が落ち着くまで30分程度放置する

 

アルミホイルは、バーベキューの時の必需品とも言えるでしょう。

専用のものを1本用意しておけば、簡単に片付けが出来て、面倒なこともなく、最後まで楽しめると思うので、是非今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)