かき氷って食べすぎると太る?カロリーっていったいどれくらいなの?

かき氷って食べすぎると太る?カロリーっていったいどれくらいなの?


暑い時期にさっぱりと食べれるものといえば、かき氷ですよね。

ラクトアイスなどと違って、基本氷なので、さっぱりしてるのでつい食べ過ぎてしまったりしてしまうなんてこともあるのではないでしょうか?

でも、実はかき氷って食べ過ぎてしまうと、太る可能性もあるんですよ。

氷なのに?って思うかもしれないですが、意外と注意は必要な食べ物だったりするんです。

そこで、今回はかき氷の食べ過ぎで太る理由やカロリーなどをお伝えしていきます。


かき氷は食べ過ぎても太らないって本当?

かき氷は食べ過ぎても太らないかどうかということですが、これは食べ方にもよりますので、本当か嘘かでいうと正直半々といったところでしょうか。

そもそも、本当だという理由の場合には、純粋に氷だけを食べた場合に限ります。

まず、その理由として挙げられるのは2つです。

①氷自体にはカロリーがないから

氷の原料は、水です。

水はカロリーを含んでいないので、当然凍らしても、カロリーはありません。

そのため氷自体を食べても太ることはまずないでしょう。

②身体がエネルギーを消費するから

かき氷は食べると、身体が冷えてしまいますよね。

暑い時に食べると、人間の感覚的には涼しく感じますが、体内では冷えた身体を少しでも温めようとエネルギーを消費して体温を上げていきます。

このエネルギーを消費して体温を上げる時には、必然と体内の脂肪を少し燃焼しながらエネルギーとして変換していきます。

ですので、純粋に氷だけのかき氷を食べるのであればそこまで太る心配はありません。

しかし、注意してほしいこともあります。

大量に食べて、身体が冷えすぎると代謝が落ちやすく、いくらエネルギーで脂肪を燃焼しているからと言っても、その機能が働かずにうまく脂肪が燃焼されず逆に蓄積することもあるので、かき氷の食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

次に太る可能性があるつまり嘘だと考えられる原因についてです。

考えられる理由は1つです。

かき氷のトッピングに問題あり

かき氷を食べる時に、そのままプレーンの氷だけで食べるっていう人はまずいないですよね。

シロップやトッピングなど色々と使ってかき氷をおいしく食べると思います。

この美味しさをアップさせるものが、カロリーや糖質が多く含まれており食べ過ぎると太る原因になりかねないのです。

かき氷のシロップとトッピングが太る原因?

先ほども上記でお伝えした通り、氷自体はカロリーも糖質も含まれていないので、まず太ることはありません。

ですので、どうしても太ると考えるならトッピングと考えるのが一番自然な考えかと思います。

実際、近年はSNSの発達などもあり、映える食べ物が好まれている傾向にあり、お店で食べるかき氷には様々なトッピングやシロップの種類が増えていますよね。

確かにトッピングが増えればそれだけでおいしそうだし、夏にあまり食欲が出ない時にもなんだか食べる意欲がわくというか、若干テンションも上がりますよね。

もちろん、シンプルにシロップのみで食べたとしても、シロップの原料はブドウ糖果糖という甘味料を使っていて、砂糖より体内に吸収される糖分が多く、食べ過ぎると太りやすくなっています。

ですので、シロップやトッピングの量は十分に気をつけていく必要はあります。

かき氷のカロリーってどれくらい?

 

かき氷を食べ過ぎると太る可能性もありますが、では、実際どのくらいカロリーがあるでしょう。

シロップやトッピングをのせた場合でのカロリーについてお伝えしていきます。

まず、なにもかけない氷だけのかき氷→0㎉です。

そのほぼ0カロリーのかき氷にシロップをかけるといきなりカロリーが上がります。

かき氷シロップ30㎖をかけたかき氷(平均的な量)→約70㎉

シロップには様々な味がありますが、基本的にどの味でもカロリーはほぼ一緒なので、70㎉という認識で大丈夫です。

続いて、トッピングした場合です。

ここでは、かき氷で人気のトッピングのカロリーについてお伝えします。

練乳(約20g)→70㎉

あんこ(約20g)→30㎉

アイスクリーム(バニラ約50g)→90㎉

生クリーム(約20g)→80㎉

白玉団子(約20g)→80㎉

大体上記のようなトッピングのバリエーションが多いですよね。

どうでしょうか?

パッと見てもカロリーが高くなりますよね。

しかも、トッピングって、かき氷のシロップをかけてからさらにするものなので、必然的にカロリーも上がりますよね。

そして、太る原因でいうとカロリーも大事なのですが、それ以上に糖質が多く関係してきます。

カロリーが多い物というよりは、糖質が多いもののほうが正直太りやすいです。

実際に例をあげますが、かき氷シロップ30㎖中に含まれる糖質はおおよそ35g含まれます。

35gというと、角砂糖約6個分程度にもなってしまうのです。

量を知ってしまうと、結構ヤバいと思っちゃいますよね。

ですので、太るのを心配するのなら食べ過ぎに注意して、かつトッピングは少なめにするか基本なしで、シロップのみで食べることをオススメします。

まとめ

かき氷についていかがでしたか?

・かき氷は氷のみなら0カロリー

・シロップやトッピングをかけたら1食70㎉~90㎉摂取

・氷のみなら太る可能性は少ないがトッピングのかけ過ぎで太る可能性アップ

食べ過ぎなければ、そこまで気にしなくても良いですが、もしトッピングなどをたくさんしたいという場合には、とりあえず1杯だけにとどめて、連続で食べないようにしてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)