マスクでメガネが落ちる⁉ずれ防止に知っておくべき3つのコツ!

マスクでメガネが落ちる⁉これさえ知っておけばずれ落ちない3つのコツ


この時期、メガネをかけている人が問題に陥るのが、マスクがズレるということですよね。

風邪や花粉症などでどうしてもマスクをつけなくてはならないけれど、必ずメガネがズレてしまうので、どうにかならないもんかと頭を抱える人が多いですよね。

メガネもマスクも大事だからどうにかしたいという問題。

そこで、今回は、マスクでメガネがずれないコツを3つご紹介していきます。


マスクでメガネがずれ落ちないコツ①:専用グッズを使う

マスクでメガネが落ちる⁉これさえ知っておけばずれ落ちない3つのコツ

メガネのズレに対しては、悩む人が多いので、最近ではメガネがずれないようになる専用のグッズが売っています。

タイプは色々あるようなので、いくつかご紹介していきましょう。

①リングタイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メガネ ズレ防止 ピタリング PITARING ずれ防止 送料無料 メール便
価格:430円(税込、送料無料) (2020/3/12時点)

楽天で購入

 

 

リング上になっているシリコンタイプのものやゴム制のものをメガネの耳にかける部分につけて、そのまま普通にメガネをかけるだけでOKというものです。

 

②鼻当てタイプ

 

鼻当ての部分にシリコンなどで出来た専用のテープを貼ります。

そのままメガネをかけるだけで、鼻の部分が少し高くなりそして固定されズレにくくなるというものです。

 

<番外編>

専用グッズもありますが、実は身近な物でも代用は可能です。

なかなか買いに行く時間がない人や、手軽に済ませたい人には下記のような物を使って対応してみるのも、良いかもしれません。

輪ゴム

1つ目は輪ゴムです。

使い方は、眼鏡の耳にあたる部分(ツル)に輪ゴム1本を巻き付けるだけです。

片方だけでなく、両方にそれぞれ1つずつ巻きます。

輪ゴムをつけることで、摩擦の抵抗を避けて滑り止めの効果が期待出来ます。

 

だだ、1つだけ難点があります。

それは、意外と目立つことです。

特に男性の場合や髪の短い女性は目立つかもしれません。

輪ゴムの色もそうですが、メガネ自体の色が黒や紺などだと輪ゴムのオレンジの色が目立つことがあります。

最近は、オシャレな色もありますが、輪ゴムを使う場合には、鏡などで確認してから使って見てくださいね。

 

ラップ

2つ目は、意外なもので、ラップです。

クレラップやサランラップなど、食品を保存するときに使うラップでもメガネのズレを防止できます。

方法も輪ゴム同様に、ツルの部分に数回巻き付けるだけと簡単です。

輪ゴムよりは効果が薄いようですが、色的には輪ゴムより目立つことが少ないかもしれないです。

マスクでメガネがずれ落ちないコツ②:つける順番を変える

マスクでメガネが落ちる⁉これさえ知っておけばずれ落ちない3つのコツ

メガネをかけている人は、メガネをかけた上で、マスクをつけると思います。

もともとメガネをかけているので、その上にマスクをかけるのが普通の動作ですよね。

しかし、この普通の動作では、マスクでメガネがズレます。

ですので、これからは、つける順番を変えてみてください。

まず、メガネをかけている人は、外して何もない状態にします。

そして、何もない状態でマスクをしっかりつけます。

この時、マスクは鼻の部分もしっかり覆って正しいマスクの付け方をしてくださいね。

最後に、その上からメガネを装着するのですが、マスクの鼻のワイヤー部分に、メガネの鼻止めを置く感じで抑えるようにしてください。

このようにマスクをメガネで固定するような形にすれば、大分ズレは抑えられますので、つける順番をいつもと逆にしてみてください。

マスクでメガネがずれ落ちないコツ③:ネジを締めたり交換または買い直し

マスクでメガネが落ちる⁉これさえ知っておけばずれ落ちない3つのコツ

専用グッズを使っても、つける順番を変えても、何をしてもズレてしまうという方は、一度メガネを見直して見る必要があります。

というのも、実はメガネは使っている間にネジが緩んでしまったり、メガネのツルの部分が歪んでしまったり、知らず知らずの間にフィット感がなくなってきます。

自分でメンテナンスが出来ればもちろんそれでも良いですが、意外とメガネの微調整って素人が行うのが難しいのです。

購入した眼鏡屋さんに行けば、大抵の場合、無料ですぐにその場で簡単に直してくれるので、まずは相談してみてください。

そして、最終手段もあります。

それは、メガネ自体を変えることです。

長年使って愛着のあるメガネを手放したくないという方もいるかと思いますが、実はメガネにも寿命があります。

特に、安く買えるようなメガネだとメガネ寿命が短いなんてこともあります。

また、メガネにも顔に対してゆったりなタイプや、ぴっちりしたタイプなど様々あります。

最近のメガネは、割と顔に対してぴったりめな物が多いようですが、マスクがズレにくいメガネは、出来るだけ顔にぴったりしているものです。

直してもズレてしまったり、そろそろメガネが不調だなという方は、新しいものを購入するというのも1つの手です。

まとめ

マスクでメガネがずり落ちないコツ3つはいかがでしたか?

・メガネ専用のズレ防止グッズを使う

・マスクをつけてからメガネをかける

・メガネのメンテナンスをするか、新しい物に買い換える

まずは、簡単にできるものから実践してみてください。

それで解決すれば良いですが、どうしてもダメな場合には、買い換えるという最終手段をとると、意外と解決したという声も多いので、是非全て試してみてください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)