マスクするときメイクはどこまでやる?化粧が落ちるのを防ぐ方法ってある?


この時期は、マスクがかかせないですよね。

だだ、女性のみなさんに問題とあるのが、マスクをするとメイクが崩れやすくなってしまうということですよね。

メイクもマスクも必要だけど、メイク崩れの問題はどうにか解決したいものですよね。

そこで、今回は、マスクをつけるときのメイク事情や本音、マスクをしてもメイクが落ちにくいコツなどお伝えしていきます。


マスクするときノーメイク派の意見

マスクするときメイクはどこまでやる?化粧が落ちるのを防ぐ方法ってある?

マスクをするときに、全くメイクはしないという方がいます。

その女性たちの意見を見ていきましょう。

・マスクで顔が隠れるので、メイクは必要なし

・化粧をしてしまうとマスクにくっついて汚れたりよれるのでしない

・そもそもメイクする時間がなくて、顔を隠すためにマスク必須

・誰もどうせ見ないから

・普段からすっぴんでも気にならないから

このような意見が聞かれました。

実際、私も基本マスクの時はノーメイク派です。

理由は、上に上がっているものとほぼ同じです。あとプラスすると、肌が弱いのであまりがっつりメイクしてしまうと肌荒れを起こすので、普段もあまりしません。

女性ならメイクをしたほうがとか、身だしなみの1つとして確かにしたほうが良いかもしれないですが、マスクをしてたら、正直なところ人前で外すことはほぼないですし、本人が気にしなければ特にノーメイクでも問題はないと個人的には思います。

マスクするときもガッツリor一部だけメイクする派の意見

マスクするときメイクはどこまでやる?化粧が落ちるのを防ぐ方法ってある?

続いて、マスクをしているときもガッツリメイク派と、ガッツリまではいかないけれど、一部メイクをするという女性の意見をみていきましょう。

ガッツリメイクする派

・普段からガッツリメイクしているので、マスクをしてても普通にする

・マスクを外す機会があるので、すっぴんでは恥ずかしいから

・仕事柄ガッツリメイクが基本だから

 

一部だけメイクする派

・眉毛は最低限かかないと人に会えない

・目だけはアイメイクするが、他は隠れるので特にしない

・口元は隠れるし、口紅などはマスクが汚れるので口以外はする

・マスクを外した時に恥ずかしくない程度に薄く化粧する

それぞれ、ガッツリメイク、一部メイクの人の意見を見てきました。

ガッツリの人は、普段通りメイクしているからその延長戦で、一部メイクしている人は、マスクが汚れない程度にメイクをしているという人が多かったです。

メイクはどうしても必要!マスクで化粧が落ちるのを防ぐ方法は?

マスクするときメイクはどこまでやる?化粧が落ちるのを防ぐ方法ってある?

メイクは必須という方も中にはたくさんいると思います。

しかし、この時期に必要とされるマスクをすると、必ずと言って良いほど、メイクが落ちてしまい、どうするべきなのかと悩む人も多いですよね。

そもそも、マスクで化粧が落ちてしまう原因とは一体なんでしょうか。

考えられる原因は2つ。

①マスク内に籠もる湿気

マスクをすると、どうしても顔(口や鼻)を覆い、加湿効果があるので、湿気がこもりやすくなってします。

その水分でメイクが知らず知らずに落ちてしまうということにつながってしまうのです。

②マスクをすることでのズレ

マスクをすると、ずっと同じ状況を保つというのは正直難しいことです。

マスクを直すのに、手で少し動かしてしまったり、喋ったりするだけでも自然に動いてしまたりします。

そして、そのズレによる、マスクと肌の間におこる摩擦によってメイクが落ちてしまうのです。

 

では、マスクをしても落ちないメイクにするにはどんな方法があるでしょうか。

 

メイクは基本的に薄くナチュラルに!!

ガッツリメイク派の人もそうでない人も、マスクをするときにするメイクの基本はナチュラルにです。

マスクをすると加湿されますが、根本的に肌の乾燥は化粧崩れの原因にもなるため、メイク前には必ず、化粧水などで保湿を心がけるようにしましょう。

保湿後は、化粧下地をムラなく塗ります。

その後、ファンデーションを塗っていくと思いますが、マスクをつけるときには、マットタイプのファンデーションがオススメです。

ファンデーションは濡れスポンジで、薄く塗っていきます。

塗りすぎると厚塗りになりマスクに色がつきやすいので注意が必要です。

チークや口紅などを使う場合も出来るだけナチュラルをこころがけましょう。

とくに口紅やリップはマスクに色がつきやすくなっています。

そこで、マットタイプやティントタイプの口紅を使うと、メイクが落ちにくいのでオススメです。

また口紅をしっかりつけた後は、ティッシュオフを忘れずにしましょう。

マスクに隠れない、眉や目のメイクですが、こちらは特に化粧崩れなどの心配は少ないと思いますが、基本的にベースがナチュラルですし、顔半分はマスクで覆われているので、それに合わせて、濃くならないように注意しましょう。

まとめ

マスクをしている女性のメイクに関する意見もたくさんありましたね。

・ノーメイク派→顔が隠れるのでしなくてもOK

 

・ガッツリメイクする派→普段通りにしたいから

 

・一部だけメイクする派→マスクを外しても恥ずかしくない程度にしたい

 

・マスクをしてるときのメイク崩れの原因は、湿気&ズレ

 

・マスク中のメイクは基本的にナチュラルメイクにする

まだまだマスクを必要とする時期が続きますので、それぞれ工夫してメイク崩れに対応していきましょう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)