長期出張と転勤ってどう違うの?メリットやデメリットは?


サラリーマンなど会社勤めの人にあるものと言えば、長期出張や転勤といった移動ですよね。

決まった時期に出張が重なったり、何年かに1回は必ず転勤をしなくはいけないなどその会社によって様々ですが、言い渡された本人はもちろん大変ですが、一緒に住んでいる家族がいれば、当然家族にもなんらかの負担はあります。

でも、長期出張と転勤ってどんな違いがあるかご存じでしょうか?

なんとなく似ている感じもしますが、ここではっきりとした定義を覚えてみましょう。

そこで、今回は長期出張と転勤の違いやメリット・デメリットをお伝えしていきます。


長期出張と転勤の違い

長期出張と転勤ってどう違うの?メリットやデメリットは?

では、早速2つの違いを分けて説明していきますね。

長期出張の意味

長期出張とは、雇用主の指示のもと、ある決められた一定の期間(数週間~数年など)、現在働いている部署や仕事から一旦離れて、用務地へ赴き、そこで特定の業務を遂行することを指します。

ですので、出張というのは、あくまでも今行っている仕事の延長戦で別のところでさらに仕事を請負にいく感じと考えると良いでしょう。

転勤の意味

転勤とは、現在働いている場所や部署などが全て変わり、同系列の会社の新たな場所で新たに勤務をするということになります。

つまり、今の仕事とは別のことをする可能性もありますし、本当に一からスタートと言った感じでしょうか。

定義が分かったところで、もう少し詳しく2つの違いをみていきましょう。

長期出張の特徴

・期間が決められている
・所属しているところは変わらない
・出張が終われば戻れるので、上司や同僚など人間関係は変わらない
・出張中の住居は会社が負担してくれることが多い

転勤の特徴

・期間は特に決められていない
・所属しているところが変わる
・全くのスタートなので、上司などを含む人間関係が全て変わる
・転勤先の住居は自分で決め負担することが多い

しかし、出張の場合は、日当や食事代が支給されるのに対し、転勤(単身赴任)の場合では、住居地への帰省手当が支給されるというように会社から支給される手当に違いが生じます。

長期出張?それとも転勤?メリットが多いのはどっち?

長期出張と転勤ってどう違うの?メリットやデメリットは?

長期出張と転勤ではそれぞれメリットやデメリットがあります。

長期出張のメリット

・今行っている仕事の延長で行く事が多いのでさらなる吸収や知識などが増える
・期限がしっかり決まっているので終われば、元の職場に戻れる
・出張手当などの手当がでる
・色々な場所へ行ける など

長期出張のデメリット

・単身赴任を選択するとなかなか家に帰れない
・移動が大変
・家族との時間が減る
・なにかと出費が多くなる など

転勤のメリット

・新たな仕事をすることが出来る
・心機一転できる など

転勤のデメリット

・一からスタートするので全てが大変
・転居などが必要になるので家族がいる場合は家族も負担
・外国に転勤の場合、言葉の壁などがある など

各々メリット・デメリットはたくさんありますので、それぞれに対して感じ方はあると思います。

ですので、どちらがメリットかというのは、各個人の問題になってくるのではないでしょうか。

まとめ

長期出張と転勤についていかがでしたか?

多い人だと年に何回も出張したり、転勤をしたりと大変な方もたくさんいます。
しかし、会社からの決定だとなかなか覆すことも難しいのも事実です。

大変だとは思いますが、出張や転勤を言い渡された時には、チャンスだと思って受け入れてみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)