カステラって冷凍保存できるの?解凍した時にべちゃっとならない?

カステラって冷凍保存できるの?解凍した時にべちゃっとならない?

スポンサーリンク


カステラって大体が1本のものが多いので、量が多くって食べきれないってことがありますよね。

カットしてラップをかけてお皿に置いておいたりするけれど、なかなか減らないし、なんだかパサついてきて美味しさが半減してしまったなんてこともあることでしょう。

そんなカステラを上手に保存する方法として、冷凍保存がありますが、カステラを冷凍する場合にはどのようにするのが良いのでしょうか。

そこで、今回はカステラの冷凍保存方法や解凍法、冷凍後の賞味期限などお伝えしていきます。

スポンサーリンク


カステラを冷凍保存するときの方法は?

カステラを保存するなら冷凍保存がオススメです。

買ってきた物やもらったものでも、すぐに食べきることが出来れば問題はないのですが、意外とカステラって賞味期限が短く、開封して常温で保存しておくと、早いうちにパサついたり、味の変化があり風味が低下していきます。

カステラのフワフワした感じやしっとりした感じは、水分がたくさん含まれていることによります。

常温保存などでは、その水分が急激に抜けてしまうので、一気に劣化してしまいやすくなってしまうのです。

そこで、その水分を上手く閉じ込められる冷凍保存がオススメという訳なのです。

冷凍保存すれば、おいしいままの状態が続くので、カステラが食べきれないという状況にある場合には、是非冷凍保存を試してみてください。

では、早速冷凍保存の仕方についてお伝えしていきますね。

<カステラの冷凍保存手順>

①1本単位のカステラの場合には、1カットずつに切り分ける

②個包装の場合には、カットされているので包みをはずすだけでOK

③カステラを1切れずつラップに空気が入らないようにしっかりと包む

④ラップに包んだカステラをジップロックなどの密閉できる袋に入れる

⑤金属トレイの上に④を置いて冷凍庫の急速モードで冷凍する

※急速モードがないときには、そのまま冷凍庫へ入れる

⑥完成

ここで注意してほしいことは、必ず冷凍する時には、カットしてください。

また、ラップはしっかりと空気の入らないようにピタッとつけることがコツです。

面倒くさい、手間がかかるからという理由で丸々1本冷凍してしまおうという方がいるかもしれませんが、1本のまま冷凍すると、完全に冷凍されるまでに時間がかかることや、均一に凍ることが出来ないこともあって品質劣化につながる可能性があります。

美味しさを保つために是非カットを忘れずにしてくださいね。

そして、出来るだけ空気に触れないようにするためにラップをしっかりしてほしいのですが、これも品質を保つためです。

ラップの隙間から空気が入ると水分が抜けてしまったり、冷凍焼けの原因になってしまいます。合わせて注意しましょう。

スポンサーリンク

冷凍保存したカステラはどれくらい日持ちする?

常温で保存した場合には、数週間~1ヶ月以内という日持ちですが、冷凍することで、その保存状態は急激に伸びます。

カステラの元々の賞味期限もありますが、多くの場合、冷凍することで3ヶ月~6ヶ月以内程度まで持つことが出来るとも言われています。

ただし、あくまでもこれは目安なので、いくら冷凍したからと言っても長く保存するというのは、冷凍する前と同じようにおいしく食べるには、早めに食べきることが大切です。

また、冷凍したカステラは冷凍したまま放置するのではなく、定期的に確認したり、食べて見たりして品質の劣化がないか確認するようにしてくださいね。

冷凍したカステラを美味しく解凍するコツは?

冷凍カステラを美味しさを保ったまま解凍するコツは、自然解凍が1番です。

冷凍前のしっとりふわふわ感を楽しみたい場合には、ゆっくり時間をかけて溶かしていくことで、しっかりと元のような食感を楽しめます。

ちなみに、べちゃっとしそうかなとも思いますが、実はそこまでべちゃっとした感じにはならないので安心してください。

自然解凍する方法は、食べる前日に冷凍庫から冷蔵庫へ移動させるだけです。

少し時間はかかりますが、翌日にはすっかり食べ頃になっているでしょう。

自然解凍する場合には、衛生上、常温での解凍はせず、必ず冷蔵庫でするようにしてください。

また、解凍したカステラはそのまま食べるのもOKですが、電子レンジで少しだけ温めるとさらに美味しさがアップします。

電子レンジで温めすぎるとパサパサになってしまうので、10秒程度ほんのりあたためると良いでしょう。

さらに、番外編なのですが、実は最近では、カステラを解凍させないで、そのまま食べるというのが美味しいみたいで流行っているみたいです。

そもそもカステラは冷凍しても氷のようにガチガチには固まりません。

ですので、冷凍したものをすぐに食べることも可能です。

オススメは、冷凍したものをほんの少しだけ常温で置いてからそれを食べると、少しシャリシャリしていて、本来のカステラとは違った食感になり、さらに甘みがましていておいしい新たなデザートになるようです。

スポンサーリンク

まとめ

カステラの冷凍・解凍方法賞味期限はいかがでしたか?

・カステラの冷凍はカットしてラップでしっかり包む

・冷凍後は早めに食べるのが原則だが大体3~6ヶ月以内が賞味期限

・解凍は自然解凍が1番だが、そのまま食べるのも意外とおいしい

カステラが余ってしまいそうなときは、美味しさを保つために是非早めに冷凍保存をして品質を保つようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)